システムエンジニアとプログラマーの違いとは?仕事内容や年収を徹底比較

ITエンジニアには様々な職種がある中で、あなたは「システムエンジニア」と「プログラマー」の違いをご存知でしょうか?

両方ともPCを使ってシステムを作るのが目的の仕事ですが、詳しくは分からないといった方も多いと思います。

この記事では、今後どんなITエンジニアになろうか迷っている方に向けて、現役のシステムエンジニアがシステムエンジニアとプログラマーの違いについて解説していきます。

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容の違い

両方ともシステムを作るのが目的の仕事ですが、その役割を大きく異なります。

システムエンジニアの主な役割は、クライアントからどんなシステムを作りたいのかヒアリングをすることです。

またヒアリングした内容を元に、システムの設計を行います。

 

プログラマーの主な役割は、設計書を基に実際にプログラミングをすることです。

作成したプログラムがしっかり動くまでテストも行います。

 

一般的なキャリアパスとしては、プログラマーで技術を学んでからシステムエンジニアになります。

プログラマーとしてある程度の経験を積んだ後、システムエンジニアとしてクライアントと接する役割に
変わります。

なぜなら技術を知らないシステムエンジニアはクライアントに良い提案ができないからです。

システムエンジニアとして入社しても、最初の2-3年はプログラミングとテストという事例も多々あります。

システムエンジニアの仕事内容

主な仕事内容はクライアントからシステムの要件を聞き取り、設計をすることです。

システムの要件とは、クライアントがシステムを使って実現したい内容です。

主に「要件定義」から「詳細設計」までを担当します。

いわゆる上流工程と呼ばれる部分を担当するのがシステムエンジニアですが、プログラムを書くシステムエンジニアも存在します。

また予算や人員の確保、進捗管理などのマネジメント業務も合わせて行うことも多いです。

よってシステムエンジニアはITスキルに加え、コミュニケーション能力やマネジメント能力など
多岐に渡る能力が求められます。

プログラマーの仕事内容

主な仕事内容はプログラミング言語を用いて、設計書に沿ったシステムを作り上げることです。

作成したプログラムが、しっかりと動作するかのテストまで責任を持って行います。

工程でいえば「製造」から「テスト」までを担当します。

下流工程と呼ばれる部分を担当するのがプログラマーになります。

実際に製造する役割上、設計の矛盾に気がつきやすいポジションです。

デキるプログラマーの方はこの時点で設計者と調整し、修正を図ります。

プログラマーに求められるスキルは当然、プログラミングスキルになります。

その上でコミュニケーション能力があると、より効率良くシステムが製造できるようになります。

システムエンジニアとプログラマーの年収の違い

厚生労働省が平成28年に発表した賃金構造基本統計調査を参考に算出された全年齢の平均年収を比べてみました。

システムエンジニアの平均年収:550万円

プログラマーの平均年収   :414万円

システムエンジニアの方が約100万円以上も高くなっています。

システムエンジニアはヒアリングや設計度など上流工程の仕事を行い、幅広いスキルを求められるため必然的に年収も高くなります。

つまりシステムエンジニアとプログラマーの役割の違いが、年収の差を生んでいるのです。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニアの平均年収は550.8万円となっています。

過去5年間を推移でも、500万円をキープしているので、高い水準を保っています。

年代別の平均年収は以下のようになります。

システムエンジニアは経験を積むにつれて技術者ではなく、管理職寄りになるため給与も上がっていきます。

システムエンジニアの年齢別平均年収
  • 20代前半 :339.7万円
  • 20代後半 :441.1万円
  • 30代後半 :539.7万円
  • 40代後半 :605.5万円
  • 50代後半 :632.3万円

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収は414.6万円となっています。

前述しましたとおり、システムエンジニアよりは低い平均になっています。

年代別の平均年収は以下のようになります。

システムエンジニアの年齢別平均年収
  • 20代前半 :305.9万円
  • 20代後半 :389.0万円
  • 30代後半 :455.4万円
  • 40代後半 :515.8万円
  • 50代後半 :540.3万円

プログラマーにはもうひとつ軸があり、扱えるプログラム言語によっても年収が変化します。

特に近年ではスマホ向けアプリの言語やAI向けの言語に需要があります。

以下がプログラム言語別の年収中央値になります。

引用元:【求人検索エンジン「スタンバイ」調べ】

ただしプログラム言語に関しては、流行り廃りが早いため需要の高い言語が変化します。

常に最新技術を追い続けることができれば、高い年収をキープすることも可能です。

システムエンジニアとプログラマーの需要の違い

システムエンジニアとプログラマーの今後の展望について、解説していきます。

職種としての今後の需要は引き続き、システムエンジニア>プログラマーと言えます。

なぜなら、近い将来プログラムを書く仕事は人工知能が奪ってしまう可能性が高いからです。

すでにプログラムを書いてくれるAIは作られており、プログラミングは自動化されていきます。

プログラミングとテストの作業は、近いうちにAIを使えばだれでもできるようになる可能性が高いです。

これからプログラマーが生き残るためには、AIを作るAIエンジニアになるのが最も賢い選択と言えます。

 

その一方で、クライアントから要望をヒアリングして、具体的に要件や設計書に落とし込むシステムエンジニアは、AIに代替するのは難しいです。

なぜならクライアントの理想はデータや形がなく答えがないものだからです。

答えがないものだからこそ、入念なヒアリングや調整を行い、クライアントが実現したいものに寄せてシステムを設計していく必要があります。

よってヒアリングして顧客の理想のシステムを実現することが仕事の、システムエンジニアは引き続き需要があると言えます。

Pythonが学べるプログラミングスクールおすすめランキング【エンジニア厳選】

システムエンジニアとプログラマーの違いまとめ

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容や年収、将来の展望にははっきりとした違いがあります。

どちらにすれば良いか迷っている方は、まずプログラマーを経験してからシステムエンジニアになることをおすすめします。

プログラマーとして技術を学びつつご自身の適性や性格、将来のビジョンに合わせて選択をすることでエンジニアとしての価値を上げることが可能です。

 

ITエンジニアの職種をもっと知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

ITエンジニアの種類とは?仕事内容・年収まで徹底解説

 

人気プログラミングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です