Pythonにできることって?Pythonで作られたサービスと働き方を解説

この記事で分かること
  • Pythonにできること・向いてないこと
  • Pythonエンジニアの働き方
  • Pythonで作られたサービス

この記事ではプログラミング初心者、これからPythonを学びたい人に向けてPythonにできることを詳しく解説していきます。

また、Pythonを習得したエンジニアの働き方はどんなものがあるの?今話題のGo言語との違いは?といった疑問も解決できる記事となっています。

Pythonは誰が書いても同じコードになるくらいシンプルで初心者向きの言語です
Pythonが学べるプログラミングスクールおすすめランキング【エンジニア厳選】

Pythonにできること・得意なこと

Pythonにできること、向いてることは大きく分けて6つあります。

Pythonにできること
  • AI開発
  • データ分析・解析
  • IoTシステム開発
  • ロボット制御
  • スクレイピング
  • 業務の自動化

Pythonにできることをそれぞれ詳しく解説していきます。

AI開発(機械学習・ディープラーニング)

Pythonが特に向いているのがAI開発(機械学習・ディープラーニング)です。

Pythonには、機械学習や深層学習をするのに便利なフレームワークやライブラリが豊富なため、人工知能開発といえばPythonと言われるくらいAI開発に適した言語です。

機械学習・深層学習に適したライブラリ

 

Pythonは上記ライブラリのような、AI開発用の便利な機能を備えた大規模なツールが無料で公開されていることから、AI開発に向いています。

データ分析・解析

Pythonはビックデータなどデータを分析することができるため、世界中のデータ分析エンジニアに多く利用されています。

Pythonがデータ分析に適している理由は、数値、テキスト、画像や音声といったデータを、分析が可能な形式に加工できるライブラリや、高速で数値計算できるライブラなどツールが充実しているためです。

 

たとえば、Pythonの有名なデータ分析ライブラリ「Pandas(パンダス)」を利用すれば、様々なファイルのデータ(CSV・Excel・HTML・SQLなど)を読み込み加工して、Excelに出力したりグラフにしてデータを可視化することが可能です。

このPythonを使ったデータ分析・解析は様々な業種の業務に活用することができるため、Pythonを扱いデータ分析ができるエンジニアの需要が高まっています。

IoTシステム開発

Pythonは、IoTシステムの開発も行えます。

たとえば、Raspberry Pi (ラズベリーパイ)といった名刺サイズの基盤(小型PCみたいなもの)上でPythonを使い基盤に繋げた機器を制御することにより、Siriで家電の操作や水槽の温度管理をスマホで行うことができます。

 

IoT機器の制御は他の言語でも可能ですが、ラズパイの公式OSであるRaspbinでは予めPythonがインストールされており、セットアップが不要なのです。

また、センサーのライブラリがPython向けに開発されているのもPythonが使われる理由となっています。

ロボット制御

Pythonはドローン等といったロボットの制御も行うことができます。

単純作業を行うロボットや自動車のカーナビなど組み込み系の開発には、C言語が一般的です。

 

しかし、最近では人工知能を搭載したロボット画像を認識して自動で動くドローン等の開発が行われています。

そのため、人工知能開発やIoT開発も行えるPythonはロボット開発にも使われているのです。

 

最近では、ドローンを使ってPythonが学べるプログラミング学習教材が、小学校に導入されていたりします。

スクレイピング

Pythonは、サイトからデータを抽出する技術のWebスクレイピングも得意。

Pythonには、スクレイピングに適した便利なライブラリが豊富で機能も充実しているからです。

スクレイピングに適したライブラリ

 

たとえば、Requestsでサイトのページの要素を取得し、Beautiful Soupで欲しいデータだけを抽出することができます。

Seleniumでは、GoogleChromeなどブラウザの自動操作が可能で、要素のデータを自動で取得することが可能です。

業務の自動化

Pythonは、普段の業務の自動化にも使えます。

仕事で毎日同じようなことを行う作業をPythonで自動化することが可能です。

Pythonには、そんな普段の業務の自動化に便利なライブラリも豊富なのです。

自動化に使えるPythonライブラリ

  • Selenium(ダウンロード作業の自動化)
  • Pillow(画像編集・圧縮作業の自動化)
  • OpenPyXL(Excel操作の自動化)
  • ReportLabPyPDF2pdfminer(Word操作の自動化)
  • smtplib、imaplib(メールの作成・送受信の自動化)

上記の通り、Pythonには作業の効率を良くするためのツールが充実しています。

Pythonにできるが向いていないこと

Pythonは様々なシステムやサービスの開発に適していますが、他の言語のほうが適している場合もあります。

そんなPythonでもできるけど、他の言語の方が合ってるという分野を詳しく解説します。

Webアプリ開発

Pythonは、Webアプリケーションフレームワークの「Django」を使えば容易にWebアプリ開発ができます。

PythonがWebアプリ開発に向いてないわけではありませんが、RubyやPHPのフレームワーク「Ruby on Rails」「Laravel」も機能が豊富なため、必ずしもPythonである必要はありません。

ゲーム開発

Pythonは珍しくゲーム開発もできる言語です。

特に「PyGame」というゲーム開発用のライブラリが存在するため、簡単なゲームを作成することができます。

 

ただし、3Dゲームなどには、UnityというゲームエンジンとC#という言語が使われています。

そのため、一般的に販売されているような本格的なゲームを作るには、Pythonは向いていません。

スマホアプリ開発

Pythonのライブラリ「Kivy」を利用すればスマホアプリ開発も行うことができます。

しかし、Kivyは日本での知名度が低く、日本語による情報や参考書がないため、学習難易度が高いです。

また、レイアウト専用言語「Kv Language」を習得する必要があるため、スマホアプリを作るなら他のSwiftやJavaの言語を学習したほうが良いでしょう。

Pythonで作られたサービス

Pythonで作られたWebサービスを簡単にご紹介します。

Pythonで作られた有名サービス

  • YouTube
  • Instagram
  • Quora
  • Reddit
  • DropBox

上記のように誰もが使ったことのある動画配信サービスやSNS、オンラインストレージサービスまでもがPythonで作られています。

Pythonを習得するとできる働き方

需要が高いPythonを習得したエンジニアは、企業に勤めるだけでなくフリーランスのエンジニアとしても活躍することが可能です。

たとえば、フリーランスの求人サービスクラウドテック ではPythonのフリーランス案件が200件程度もあり、給与も30万円~100万円と一般的な企業に比べて高単価となっています。

案件の中には一部リモートワーク可能な案件もあり、場所に縛られることのない働き方もできるのです。

 

人工知能開発や自動化の仕事が増える今後はPythonエンジニアの需要がさらに高まり、働く場所を選べたり厚い待遇を受けられたりと働き方の選択肢が拡がっていきます。

Pythonを学ぶならプログラミングスクール

Pythonを効率よく学ぶならプログラミングスクールがおすすめです。

独学でも学習することは可能ですが、企業に必要とされるプロのPythonエンジニアになるためには、実践的な技術を習得する必要があります。

そんなPythonを本格的に学べるプログラミングスクールを以下の記事にまとめました。

Pythonが学べるプログラミングスクールおすすめランキング【エンジニア厳選】

 

人気プログラミングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です