プログラミングにタイピング速度は重要!?エンジニアが徹底解説

この記事でわかること
  • プログラミングにタイピング速度は重要?
  • 初心者はタイピングの練習したほうがいい?
  • プログラミング初心者におすすめタイピング練習サービス

プログラミング初心者の方で「タイピングが苦手でもプログラミングはできるの?」と思っている方がいますが、結論から言うとタイピング速度は重要ではありませんが “必要” です。

この記事では、プログラミングにタイピング速度が必要な理由と初心者におすすめな無料タイピング練習サービスを、エンジニアが詳しく解説します。

エンジニアにタイピングがはやい人が多い理由も説明します。

プログラミングにタイピング速度は重要ではない

プログラミングにタイピング速度は重要ではありません。

なぜなら、言語によっては便利なコード自動生成機能があったり、ライブラリを使えば自身でほとんどコードを書くことなく便利な機能が使えたりするからです。

 

とはいえ、キーボードでタイピングが全くできないのは、料理をするのに包丁が使えないのと同じです。

特にプログラマーはソースコードを書くことが多く、タイピング速度が遅いと仕事の効率がかなり悪くなってしまいます。

 

また、プログラミングを勉強し始める方は、タイピングが極端に遅いと学習効率が悪くなってしまいます。

そのため、プログラミング学習の前に最低限のタイピング速度は必要です。

プログラミングにブラインドタッチは必要?

ブラインドタッチ(タッチタイピング)と呼ばれる、キーボードを見ないで打つタイピング方法があります。

ブラインドタッチができるとタイピング速度は格段に上がり、ソースコードを効率よく書くことができます。

 

ブラインドタッチはタイピングに慣れていないネット初心者やプログラミング初心者のうちは難しいです。

しかし、プログラミング初心者のうちはブラインドタッチができなくても、全く問題ありません。

プログラミング学習をしていくうちに、キーボードに慣れると自然にブラインドタッチができるようになります。

エンジニアはタイピング速度がはやい

実際にエンジニアはブラインドタッチができて、タイピング速度がはやいのが当たり前です。

エンジニアのタイピングが遅いと仕事にならないので、未経験からエンジニアになるためには、ある程度のタイピング速度は必須です。

 

ただ、エンジニアは毎日パソコンと向き合いキーボードを叩いてるので、慣れるのも当然なのです。

毎日キーボードを叩いていると、キーボードの配置が手の感覚でわかるようになります。

つまり、初心者でも毎日キーボードを叩いていれば自然とタイピング速度がはやくなるので、心配する必要はありません。

タイピングの練習におすすめサービス3選

プログラミングを学び始めたいけど、どうしてもタイピングが苦手・・ という方におすすめな無料タイピング練習サービスをご紹介します。

また、「文章は打てるけど、プログラミングのコードになると打つのが遅くなってしまう」と言う方に最適なサービスもあるので、解説していきます。

PTYPING

PTYPINGは、様々なプログラミング言語で使う単語で、タイピング練習ができるサービスです。

タイピング練習できるプログラミング言語は以下のとおり。

  • Python
  • PHP
  • HTML5
  • CSS
  • CSS3
  • JavaScript
  • jQuery
  • Android(Java)
  • C/C++
  • Perl
  • COBOL
  • Visual Basic
  • Notes

日本語の文章を打つのははやいけど、英語の単語だとタイピング速度が遅くなってしまう方におすすめ。

e-TYPING

e-TYPINGは、タイピング力がどのくらいか腕試しできるタイピングサービスです。

タイピング速度と正確さで、ランクが決められており自分のタイピング力を測ることができます。

効率良くプログラミング学習するためにも、最低A〜Bランク程度のオフィスワークに問題ないレベルのタイピング力が必要です。

寿司打

寿司打は、楽しくタイピング練習ができるゲームです。

ゲーム形式のためパソコンをあまり触ったことがない人でも、気楽にタイピング練習ができます。

コースごとに払う料金が設定されていて、タイピングすることで寿司を食べたことになり、払った分の料金より食べた寿司の料金が多ければクリアといったゲームになっています。

目安として10,000円の高級コースで、食べた寿司のほうが多ければ十分なタイピング速度と言えるでしょう。

プログラミングとタイピング速度の関係まとめ

結論としてプログラミングにタイピング速度は重要ではありませんが、必要です。

未経験からエンジニアになるなら、ある程度のタイピング速度が必要なためプログラミング学習しながら練習、もしくはタイピング練習サービスを利用しましょう。

 

プログラミング初心者の方はタイピング速度の他に初めて学ぶ言語選びも重要です。

初めての学習におすすめな言語、稼げる言語を学ぶと将来的に需要の高いエンジニアになることができます。

稼げるプログラミング言語BEST10と将来性をエンジニアが徹底解説!

 

人気プログラミングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です