未経験からフリーランスエンジニアになる方法とメリット・デメリット

現代ではフリーランスエンジニアという働き方が徐々に広まっており時間や場所に縛られず、未経験でもフリーランスとして働きたいと考えている方が増えています。

そんな方の悩みとして多いのは「実務未経験でもフリーランスとして働くことはできる?」ということですよね。

 

結論から言うと、実務未経験でもフリーランスとして働くことはできます。

本記事では、だれでも実務未経験からフリーランスエンジニアになれる方法とフリーランスになるメリット・デメリットを解説していきます。

未経験でもフリーランスエンジニアになることは可能

未経験からでもフリーランスエンジニアとして働き始めることはできますし、実際にそのような方もいらっしゃいます。

その際に、次のことは最低限知っておきましょう。

未経験からフリーランスエンジニアになるためのスキル

フリーランスエンジニアは即戦力として働くことが求められるので、とにかくプログラミングスキルを身に付ける必要があります。

プログラミングを学習しないでフリーランスエンジニアになることはできません。

フリーランスはプログラミングスキルの他に、自ら仕事を取りにいく営業力とコミュニケーションスキルも必須です。

客先で仕事をすることもある

フリーランスというと出勤しないで自宅やカフェなど好きなところで仕事をするイメージを持たれがちですが、フリーランスエンジニアは客先で仕事をすることもあります。

完全リモートの体制が整っている会社がまだまだ少ないこともあり、常駐を求められる案件の方が多いのです。

実際に企業のオフィスで他の会社の人と一緒に働く場合もあります。

まずIT企業で実務経験を積む方が確実

プログラミングスキルは教材で学習するよりも、実際にシステム開発に参加して身につけた方が何倍も早く身につきます。

また、フリーランスエンジニアとして案件を探すときに実務未経験だと単価がとても安くなってしまいます。

ですからまずIT企業で実務経験を積んでからフリーランスエンジニアになる方が確実です。

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスエンジニアのメリット、デメリットに関してしっかり確認しておきましょう。

メリットばかりに目が行きがちですが、デメリットに関しても知っておく必要があります。

メリット

時間や場所の縛りがなく働ける

在宅での仕事であれば決まった時間に出勤する必要がないので、好きな時間に好きな場所で働くことができます。客先に常駐する仕事であっても、通勤のしやすさやフレックス制など自分に合った条件で案件を探せます。

自分で案件を選べる

会社員だと自分の興味やキャリアプランとは違った案件にアサインされることも少なくないので、思ったようにスキルを積めないこともあります。フリーランスであれば自分で案件を選べるので、大事にしたい軸をぶらさずに仕事をすることができます。

収入を大幅に上げることもできる

会社員だと短期間で収入を上げることは難しいですが、フリーランスは自分で案件をコントロールして収入を上げることができます。やればやっただけ収入が上がり、案件の掛け持ちをすることもできます。

デメリット

自分で全てやらなければならない

会社員であれば会社がやってくれることも、フリーランスはすべて自分でやらなければなりません。

経理処理、営業、スケジュール管理、税金処理とメインの仕事以外にもやらなければならないことがたくさんあります。

福利厚生がない

フリーランスは個人事業主や自営業になるので、会社員に与えられているような社会保険、有給休暇、ボーナスといった福利厚生が一切なくなります。

収入が安定しない

案件によって収入が変わるので、毎月一定の収入を得ることが難しくなります。

案件が継続的に獲得できるようになるまでは、案件が取れずに収入が途絶えるリスクもあります。

フリーランスエンジニアの平均年収

出典:IT人材白書2016

2016年のIT人材白書のデータを見ていきましょう。

フリーランスではどの年代も年収300万未満のゾーンが最も多いですが、これは副業でフリーランスエンジニアをやっている人も多いためにこのようなデータになっています。

 

年収1000万円以上の割合が、IT企業の技術者は40代と50代が多く、フリーランスでは30代と40代と比較的若い年代に多いです。

その理由としてはIT企業では年齢を重ねたベテランの管理者ほど給与が高い

同じような業務内容であればフリーランスの方が多く報酬がもらえ、場合によっては2倍以上になることもあるようです。

未経験からフリーランスエンジニアになるための流れ

プログラミングを学習する

全くの未経験からフリーランスエンジニアになるには、まずプログラミングを学習しましょう。

自宅で学習できる学習サイトやプログラミングスクールなど学習のためのサービスはたくさんあります。

最近流行りのプログラミングスクールの中には、就職・転職サポートがついてるスクールもあります。

【エンジニアが選ぶ】プログラミングスクールおすすめランキング【2019年最新版】

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは今までに参加したプロジェクトや作成したサイト・サービスなどをまとめた資料です。

未経験の方であれば、自分でサイトやサービスを作ってそれをまとめます。

 

未経験の方は実務経験がないので、クライアントがプログラミングスキルを判断する材料がありません。

そこでこのポートフォリオが技術レベルをアピールする材料として非常に重要になってくるのです。

案件を探す

フリーランスエンジニアは次のような方法で案件を探します。

・知り合いのつて

・企業に自己営業をかける

・エージェントに依頼する

・クラウドソーシングで探す

・SNSやブログからの受注

この中で未経験の方が案件を取りやすいのはクラウドソーシングです。

あまりスキル要件が高くない案件もあるので、まずはそういった案件を取っていくのが現実的です。

 

今の仕事を続けながら、まずはクラウドソーシングで案件が取れるか試してみるのもよいでしょう。

案件が取れずに収入が途絶えてしまうリスクを回避できます。

初めから単価の高い案件を取るのは難しいですが、案件をこなして実績が出来てくると徐々に高単価の案件にも挑戦できるようになってきます。

IT企業への就職を検討する

未経験の方が生活できるだけの案件を継続的に取るのはかなり難しいことです。

そもそも案件が取れないという方もいます。そういうときはいったんIT企業に就職するように方向転換するのも一つの手です。

数年企業で経験を積んでからフリーランスに挑戦すれば案件の取りやすさが格段に上がります。

未経験でもポテンシャル採用をしている企業に自分で応募するという方法もあります。

未経験からフリーランスになるならプログラミングスクール

未経験からフリーランスエンジニアになるのは不可能ではないですが簡単ではありません。

一度企業へ就職して経験を積んでから挑戦した方がうまくいくケースが多いです。

 

未経験から企業へ就職するのであればプログラミングスクールがおすすめです。

ほとんどのところが就職のサポートもしてくれますし、学習も独学より遥かに効率的に行うことができます。

無料体験をやっているスクールも多いので、一度話を聞きにいくのもよいでしょう。

 

また、プログラミンスクールの中には未経験からフリーランスになれるコースがあるスクールもあります。

就職しないで未経験からフリーランスエンジニアになるにはフリーランスになれるコースのあるスクールを選びましょう。

【エンジニアが選ぶ】プログラミングスクールおすすめランキング【2019年最新版】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です