エンジニア不足の本当の理由とは!人材不足はエンジニアにチャンス?

IT業界は現在深刻なエンジニア不足です。

経済産業省のレポートによると今後もエンジニアは、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人も不足すると予想されています。

理由としてはITエンジニアの需要の大幅な伸びに対して、エンジニアが増えないためです。

この記事では、エンジニアが不足している本当の理由と、これからエンジニアになりたい人や現役エンジニアにとってなぜチャンスなのかを解説していきます。

エンジニアが不足している本当の理由

エンジニアが不足している理由は、テクノロジーの進歩とエンジニアを取り巻く環境に関わっています。

テクノロジーは発展を続けていますが、IT分野は「ドッグイヤー」と呼ばれるほどに速いスピードで技術進化しています。

このような状況を踏まえてエンジニア不足の理由を具体的に挙げていきます。

世の中のIT化が進んでいる

近年ではスマートフォンが普及したことで、日常でもITがある生活が当たりまえになっています

SNSによるコミュニケーションや、Amazonや楽天での通販などのWebサービスを中心として、さまざまな場面でITが使われています。

1つのサービスが提供されるまでの間に必ずエンジニアの力が必要になりますが、IT化が急速に進んでいる現代では、サービスが生まれる数に対して圧倒的にエンジニアが足りていないのです。

人工知能・IoTの需要が高まっている

AIやIoTが次世代テクノロジーのキーワードとして挙がっていることもエンジニア不足に拍車をかけています。

現在の主流はWEBサービスですが、AIやIoTが本格的に普及してくると、エンジニアが必要となる領域がさらに増えることになるのです。

このAIやIoTはまだ一部でしか運用されていませんが、今後一般ユーザーへ普及することは間違いないので、さらにエンジニアの需要が高まることが予測できます。

IT系のベンチャー、スタートアップ企業が増えている

IT系のベンチャー企業やスタートアップ企業が増えていることも、エンジニア需要の高まっている要因です。

ITビジネスで起業するとなれば必然的にエンジニアが必要になります。

そのためエンジニアは大手企業だけでなくベンチャー企業やスタートアップ企業で、新たな事業に挑戦することも可能です。

 

また、ベンチャー企業やスタートアップ企業では経営者や幹部が20代〜30代と若いことが多く、一緒に働くエンジニアも同世代の方が優遇される傾向があります。

エンジニア経験者で優秀な人材が少ない

エンジニアは技術力を売りにしているため、豊富な経験をもった人材は重宝されます。

ただ、優秀なエンジニアは企業としても手放したくないため、大手企業が囲っています。

そのため転職市場には優秀な経験者は少なくなっています

 

結果として中小企業はエンジニアの給与を上げたり、新たに未経験者からエンジニアを育てて、優秀な人材を確保しようと必死になっているのです。

企業のエンジニア不足の対策

現在はエンジニア不足に伴い、様々な企業が何らかの対処、対策を行なっています。

今後の事業拡大を目指すには必ずITの力が必要になり、エンジニアを確保できるかが大きなカギとなるからです。

ここからはエンジニアが不足している企業がどんな対処、対策を行っているのか説明していきます。

未経験採用を増やしてエンジニアを育てる

企業側がエンジニアを確保する方法は、未経験採用を増やしてエンジニアを育てるやり方が増えています。

エンジニアが少ないのであれば増やすしかありませんよね。

そのため教育に時間とコストはかかりますが、将来のことを考えて人材へ投資する戦略をとる企業が多いです。

 

実際に今のIT業界の求人では未経験採用を行なっている企業も少なくありません

ただし、上手く人材が育っても市場価値が上がり外部へ流出してしまうリスクもあります。

人材派遣または業務委託

正社員のエンジニアを確保できない場合、人材派遣や委託に頼るやり方もあります。

期間を区切ってエンジニアを雇えることは企業側にもメリットがありますが、自社に人材が残らないため一時しのぎ前提です。

 

また、どうしても正社員以外のエンジニアでは開発する商品やサービスに対する思い入れが低く、モチベーションを維持する難しさもあります。

派遣や委託のメンバーを入れるとしても、正社員のエンジニアによって全体の士気を上げるなどの工夫が必要です。

デスマーチ(過剰労働)でカバー

正社員のエンジニアが少ない場合、案件の状況によっては、残業が増えて過剰労働でカバーすることもあります。

工数が膨らみ「デスマーチ」と呼ばれるほどの状況でしたが、エンジニアが明らかに疲弊するため過剰労働によるリカバリーはおすすめできません。

近年では働き方改革にもとづいて労働基準法の遵守も強化されていますので、社員の労務管理は徹底する必要があります。

フリーランスエンジニアをスカウト

エンジニアを増やす手段としては、フリーランスエンジニアをスカウトするという方法もあります。

フリーランスであれば、プロジェクト単位で必要な期間に必要なスキルをもった要員を確保できるというメリットがあります。

ただフリーランスエンジニアとは契約期間を定めなければならず、契約が延長できなければ人材は流出してしまいます。

 

しかし、エンジニア本人と合意ができればそのまま正社員として迎え入れることもできます。

フリーランスエンジニアは優秀な人材が多いため、企業側がスカウトすることも増えているのが現状です。

クラウドソーシングで副業エンジニアを募集

エンジニアを探すにはクラウドソーシングで募集する方法もあります。

案件概要と要求するスキルレベル、報酬などを記載することで応募が集まります。

このようなサイトでは、エンジニアごとに過去の実績や評価などが登録されていることが多いため、ある程度のスキルは保証された状態で契約することができます。

とはいえ、クラウドソーシングから人材を確保するのは一時しのぎにしかなりません。

エンジニア不足は未経験者・現役エンジニアにチャンス

人材不足のIT業界は、これからエンジニアになりたい人や、すでにエンジニアの人にとってのチャンスです。

未経験からでもエンジニアに転職しやすく、稼げるスキルを身につけることが可能です。

以降では企業の人手不足がエンジニアに有利にはたらく理由を説明します。

エンジニアは売手市場

エンジニア不足の企業の対策として、自社で未経験者を教育する方法も紹介しましたが、未経験者を採用して一人前に育てるには3年はかかると言われています。

その結果、企業としては少しでも経験があるエンジニアを確保したいのが本音です。

 

近い将来、今以上に大規模なエンジニア不足が危惧されていますので、企業側もエンジニアの囲い込みに入っています。

転職サイトDODAによると直近では2019年8月の求人倍率(IT系)が前年同月比で10.83倍と急激に増加しているというデータあります。

人材確保のため給与水準が上昇

企業側は他の企業にエンジニアを取られないよう、エンジニアを募集する際の給与を高く提示する企業が増えています。

エンジニアとしても需要が高まっているのであれば報酬が高い企業へ移りたいと思うのは当然です。

その結果、IT業界全体の給与水準が上昇することが考えられます。

 

実際に、厚生労働省が平成28年に発表した賃金構造基本統計調査を参考に算出されたシステムエンジニア(SE)の平均年収は550万円程となっており、全職種の平均年収450万円より100万円も平均年収が高くなっています

また、エンジニアは扱える言語やスキルによってさらに年収を上げることが可能です。

案件が多いためフリーランスエンジニアとして活躍できる

ITの急速な発展により企業が抱える案件も多く、新しい企画も次々と発案されている状態です。

企業としても、管理できるシステムエンジニアがいて開発を進められる状態の案件があれば、フリーランスへの依頼も選択肢として挙がってきます。

現在では企業がクラウドソーシングに依頼を掲載したり、フリーランスエンジニア専門のエージェントにスカウトを依頼することも増えています。

 

実際にフリーランスエンジニア向けのサービスが続々と出ており、今後フリーランスエンジニアが活躍できる場が増えていくことでしょう。

需要のあるエンジニアになるならプログラミングスクール

エンジニア不足のIT業界で、需要のある優秀なエンジニアになれば待遇が良いだけでなく、様々な働き方を選択することができるようになります。

SNSでもフリーランスエンジニアを多くみかけるようになり、時間と場所に縛られない働き方をしているエンジニアが増えています。

企業に勤めるのであれば安定した厚い待遇が受けられるようになるため、エンジニアとしてのスキルを上げることはあなたの人生を大きく変えることになるのです。

 

そこで優秀なエンジニアになるためには、効率よくプロのエンジニアになれるスキルを身につける必要があります。

最短でフリーランスエンジニアや企業で求められる優秀なエンジニアになるには、プログラミングスクールがおすすめです。

 

▼おすすめプログラミングスクールはこちら

オンラインプログラミングスクールおすすめランキング【2019年最新版】

▼需要の高い言語が学べるプログラミングスクールはこちら

AIエンジニアになりたい人向け

Pythonが学べるプログラミングスクールおすすめランキング

フリーランスエンジニアになりたい人向け

Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールおすすめランキング

まとめ

企業でエンジニアが不足している現状と、エンジニアにとって人材不足が有利にはたらく理由解説してきました。

将来的にプログラミングの作業はAIに代替されるという見方もありますが、エンジニアが行う一部の作業が自動化されるだけで、まだまだ人間がやるべき仕事は残っています。

 

まずは現在のエンジニア需要の波に乗りプログラミングスクールでスキルアップして、より希少価値が高いエンジニアを目指すのが得策です。

優秀なエンジニアになり、今後の仕事人生を充実させていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です