エンジニアになるにはポートフォリオが近道?メリットと作り方を解説

この記事でわかること
  • ポートフォリオが必要な理由・メリット
  • ポートフォリオの作り方
  • 独学以外でポートフォリオを作る方法

エンジニアの就職・転職にはポートフォリオが重要な採用基準になっていることをご存知でしょうか。

わかりやすく実績を見せることができるため、他の求職者と圧倒的な差をつけることができます。

この記事ではそんな強力な武器になるポートフォリオの作り方とメリットを詳しく解説していきます。

個人でポートフォリオを作ってくるエンジニア未経験者はほとんどいないので、圧倒的有利になりますよ

エンジニアのポートフォリオとは

IT業界でのポートフォリオは、実績がわかる成果物や作品集のことを表します。

ポートフォリオは、主にエンジニアやデザイナーなどクリエイター職の就職活動で企業側に求められることが多いです。

ポートフォリオがあると、実績やスキルの証明になるため、就職活動では”強力な武器”となります。

エンジニアになるのにポートフォリオが必要な理由

未経験からエンジニアになるにはポートフォリオを提示することで、採用率が高まります。

ではなぜポートフォリオがあると採用率が高まるのか、詳しく解説していきます。

技術力の証明になる

就職活動では基本的には履歴書や面接の内容で、企業側が採用するか判断します。

しかし、それだけでは求職者のスキルや知識がどの程度のものなのか、企業側が把握することは難しいです。

 

スキルが一目でわかるポートフォリオは、何よりも技術力の証明となるため、企業としても合否の判断しやすいのです。

また、ポートフォリオで技術を証明しておけば、入社してから技術的についていけないといったミスマッチも防ぐことができます

意欲を見せられる

ポートフォリオは、個人で時間を確保して作成する必要があるため、意欲があるとアピールできます。

1からポートフォリオを個人で作った人と、口だけでエンジニアになりたいと言っている人では、熱量が全く違いますよね。

 

個人で採用されるためにポートフォリオを作成する人の方が、明らかに意欲があると評価されるのです。

特にエンジニアはポートフォリオサイトを作成する人がほとんど居ませんので就職活動では圧倒的に有利になります。

強力なアピール材料になる

ポートフォリオを利用することで、面接の会話でさらに自身をアピールすることができます。

エンジニアならポートフォリオを作る際に使った技術や、学んだことを説明すれば強力なアピールになります。

 

たとえば、企業が採用時に求めている言語やスキルを使用していたり、今後需要が高まると予想できる最新技術を使用していれば企業からの評価はさらに高まります。

ポートフォリオがあれば単純に面接でアピールできる材料が増えるので、採用率が高まるのは当然と言えます。

エンジニアのポートフォリオサイトの作り方

未経験からエンジニアになるならポートフォリオサイトが強力な武器になります。

ポートフォリオサイトを作る流れは人によって違いますが、以下のような流れがおすすめです。

STEP.1
サイト調査
 他のポートフォリオサイトを参考にして作るサイトをイメージする
STEP.2
レイアウトやデザインの設計
具体的にどういう構成か決める
STEP.3
コーディング
他のサイトやネットの情報を参考にコーディング
STEP.4
サイト公開
Webページをインターネット上に公開

エンジニアが就職活動で有利なポートフォリオサイトの作り方に特に決まりはありません。

ただし、ポートフォリオサイトに入れたほうが良い内容もありますので、作り方と一緒に詳しく解説します。

参考サイトを見つける

ポートフォリオサイトを作る前に、他のエンジニアのポートフォリオサイトを見て作るサイトのイメージを決めましょう。

当メディアがおすすめする日本人のエンジニアが作成したポートフォリオサイトは以下の4サイトです。

上記ポートフォリオサイトはクオリティも高くアピールする点が上手くまとまっています。

さらに自分の好みのWebデザインを探すには、Pinterestで「Webデザイン」と検索して気に入ったサイトを参考にするのも良いでしょう。

サイトの構成を決める

まずは、ポートフォリオサイトのレイアウト構成を決めましょう。

紙やExcel、PowerPointなど何でも良いので参考サイトを見て、簡単にレイアウトをメモしておきます。

レイアウトはヘッダ部とボディ部に記載する内容、デザインや動きの仕様を軽く書いておく程度で問題ありません。

 

ポートフォリオサイトには、基本的に以下の内容は盛り込んでおきましょう。

  • 自身のスキル(扱える言語や技術)
  • 自己紹介や自身のポリシー
  • 学歴や経歴
  • 成果物や作品紹介(作成したWebアプリ等)

フロントエンジニア志望であれば、ポートフォリオサイトがそのまま成果物となるので必要ありませんが、サーバーサイドエンジニア志望であれば、自身が作成したWebサービスなどを記載しましょう。

コーディング

デザイナーではコーディングの前にデザインツールを使用してデザインを作成しますが、エンジニアは作成スピードを上げるためにも、コーディングしながらデザインしていく方法が適しています。

エンジニアのポートフォリオで重視されるのはデザインではないため、画像などのデザインにこだわる必要はありません。

 

ポートフォリオサイトに使用する画像は、すぐに利用できる画像素材サイトからダウンロードするのがおすすめです。

お洒落で高品質な画像素材サイトは以下の通り。

画像が決まったら後はコーディングしていきます。

コーディングは、参考サイトのコードを見たり、Googleで検索しながら実装したい機能を作成していきます。

ポートフォリオサイトを公開する

コーディングが一通り終わり、ポートフォリオサイトに必要な内容を記載したら、インターネット上にサイトを公開します。

ネット上に公開していない状態では、PCを持ち歩かない限り誰にも見せることができません。

 

ネットにサイトを公開するには、独自ドメインを取得しレンタルサーバーを借りる方法がありますが、ポートフォリオサイトの公開だけなら必要ないでしょう。

そこで、10分で誰にでもネット上に公開できる「GitHub Pages」という無料サービスがおすすめです。

 

GitHub Pagesを利用した具体的なサイトの公開方法はこちらの記事を参考にしましょう。

以上でエンジニアのポートフォリオサイトの作成は完了です。

 

ポートフォリオサイトはシンプルな作りで問題ないため、初心者の方でも1週間〜2週間あれば作成できます。

プログラミングスクールでポートフォリオが作れる

意外と知られていませんが、プログラミングスクールを利用することで、講師のサポートを受けて学習しながらポートフォリオを作成することができます。

特にサーバーサイドの言語(Python,Ruby,PHP,Java等)を扱うエンジニアは、強力なポートフォリオになるWEBアプリケーションを作ることが就職への近道です。

 

自身を紹介するポートフォリオサイトだけより、WEBアプリケーションの制作実績がある方がポートフォリオとしての価値が高いのは明らか。

ポートフォリオサイト+オリジナルWEBアプリがあれば、意欲も実績もあるとみなされ面接での採用率が最大限に高まること間違いありません。

 

独学でポートフォリオを作るのは難しく感じますが、プログラミングスクールでは学びながらポートフォリオが作れるため、プログラミング初心者の方でも安心して実績が作れます。

 

ポートフォリオが作れる
プログラミングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です