エンジニアの転職理由からみる転職を成功させるポイントとNGな転職理由

エンジニア

  • 他のエンジニアの転職理由にはどんなものがあるんだろう?
  • 転職したいけど面接で転職理由を伝えるのが難しい・・

と思っている方の疑問をエンジニア経験者が解決していきます。

人生の大半の時間を過ごす仕事の転職は、あなたにとっても失敗したくないと思う重要なイベントですよね。

結論としては、転職するうえで重要となるのが転職理由の明確化です。

エンジニアに多い転職理由から、転職を考え直した方が良いNGな転職理由、面接における転職理由の伝え方のポイントまで詳しく紹介しますので、転職活動の参考にしてみてください。

エンジニアは転職理由を明確化することが重要

転職をするうえで、転職理由を明確にすることは非常に大切です。

目的もはっきりしないまま転職活動をしていても、ニーズを満たす会社には出会えず転職活動を成功させることはできません。

まずは、なぜ自分が転職をしたいと考えるようになったのか振り返りながら、転職理由を考えて見ましょう。

エンジニアが転職に踏み切る理由

エンジニアに多い転職理由をまとめました。エンジニアはどのようなきっかけで、転職を考え出すのか詳しく見ていきましょう。

給与・待遇が悪い

仕事をするうえで労働環境は非常に大切となりますが、給与や待遇に納得できず転職を決意するエンジニアは多いです。

エンジニアは非常に仕事量が多い職業で、会社によっては過酷な労働状況を強いられるケースもあります。

仕事量の割に成果が給与に反映されにくいのも、不満を生む一つの要因となっています。

 

評価基準が曖昧で成果が正当に反映されず一向に給与が上がらない

裁量労働制を採用し残業時間に見合った残業代が支払われない

など、労働に対して適切な給与が支払われないと転職へ気持ちが傾く傾向にあります。

人間関係に問題がある

エンジニアに限らない人間関係の悩みも、転職を決める理由の一つとなっています。

職場の人とは毎日のように顔を合わすことになるため、「反りが合わない同僚がいる」「上司からのパワハラがきつい」など人間関係に問題があると毎日の出勤が辛くなってしまいます。

 

特にエンジニアはチームで開発を行う機会も多く、仕事を進めていくうえでコミュニケーションを必要とする場面も少なくありません。

人間関係のもつれが仕事に支障をきたしてしまうこともあり、快適な労働環境を求めて転職に至ることもあるようです。

業務内容が合っていない

仕事を選ぶうえで重要となるのが、業務内容です。

希望する仕事につけないと、モチベーションも上がらず仕事を続けていくのは難しくなってしまいます。

 

エンジニアと一言で言っても仕事内容は多岐にわたり、必ずしも希望する仕事につけるとは限りません。

部署異動で希望する仕事が行えなくなった

入社前に聞かされていた業務内容と異なった

など、業務内容に不満が生まれると転職を決断する人が多くなっています。

業務の自由度が低い

エンジニアの業務は、大手企業などの下請けもしくは自社開発の2種類の仕事があります。

大企業の仕事を下請けしており、常駐してる場合は基本的に大規模システムの開発が多いです。

 

既存の大規模システムの開発は、使用する言語やスキルが決まっていることが多く、自分のやりたい言語を使うことが難しいです。

大規模システムの場合、新しく何かを作るというよりは今あるシステムを改修するのがメインのため、自身で何かを作りだしたい人にとっては不満に感じるでしょう。

失敗するエンジニアの転職理由

転職理由によっては、転職を思いとどまった方が良い場合もあります。

転職で失敗することがないように、NGな転職理由についても確認しておきましょう。

他責な転職理由

転職に至るということは、少なからず現職に対して何らかの不満を抱いているはずです。

不満を持つことは悪いことではありませんが、何でも会社のせいにしてしまうのはよくありません。

 

なぜなら、仮に転職先が決まっても、転職先で少しでも不満が生じると会社のせいにしてしまい転職を繰り返す傾向にあるからです。

「今抱えている不満は転職することで本当に解消されるのか」「自分には非がないのか」しっかりと考えたうえで、転職を決めましょう。

現実味がない転職理由

転職を成功させるためには、企業に選ばれる人材にならなければいけません。

給与が高い職場で働きたい

希望する仕事に就きたい

など様々な希望がありますが、スキルや実績が伴っていない状態で希望だけを口にしても内定を得ることはできません。

自分の実力を客観的に見たうえで、転職理由が正当なものであるのか判断することも必要です。

面接では転職理由の伝え方に工夫が必要

 

面接において転職理由はよく聞かれる質問の一つとなっています。答え方によって面接官に与える印象は大きく異なるため、少しでもアピールにつながるよう転職理由を伝える際のポイントを押さえておきましょう。

不満や愚痴だけで終わらせない

転職理由を答える際は、ネガティブな内容だけを話すのはやめましょう。

「給料が悪い」「希望の仕事ができない」など不満だけを話してしまうとただの愚痴になってしまい、面接官からの評価を得ることはできません。

 

不満内容を伝えるだけでなく、不満を解消するためにどのような行動を起こしたのかも併せて伝えることが大切です。

たとえば「希望の仕事ができない」と伝えるのと、

「希望の仕事に就くため資格を取得しスキルの向上に努めてきました。上司に希望も伝えましたが、聞き入れられず転職を決意しました」と話すのとでは受ける印象が全く異なります。

課題の解決を試みたけど解決に至らず転職に至ったことを示せれば、面接官も納得でき評価を下げることはありません。

アピールポイントを盛り込む

前職での経験や身につけたスキルをうまく結びつけて、アピールすることも大切です。

例えば、「キャリアップを目指したい」という転職理由の場合、「前職での仕事を通じて身につけた●●というスキルを生かし、さらに活躍の場を広げたいと思い転職を決意しました」と話せば自然とスキルのアピールにつながります。

転職理由は長所やスキルを盛り込むことができないか考え、面接官に好印象を与えられる伝え方をしましょう。

まとめ

転職を成功させるには、まずは転職理由を明確にし目的に沿って転職活動を進めていくことが大切です。

転職理由によっては転職を思いとどまった方が良い場合もあるので、冷静に自分を見つめ直し転職をするべきか判断してください。

また、転職理由は面接において必ずと言っていいほど聞かれる機会が多いため、紹介したポイントを参考に面接官が納得できる転職理由となるよう伝え方を工夫しましょう。

 

【エンジニアが選ぶ】プログラミングスクールおすすめランキング【2019年最新版】 エンジニアが土日で副業すべき理由とメリット・デメリット

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です