エンジニアに英語力は必要?プログラミングに役立つ理由と学習方法

エンジニアといえば、プログラミングするのに英語を使う職業の印象が強いですよね。

未経験からエンジニアになりたい人にとってはエンジニアには、英語力が必要なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そもそもエンジニアは、他の職業より英語は日々接するものであり身近なものです。

たとえば、エンジニアという職業は経験を積むと英文で書かれた技術仕様などを理解し、実装しなければならない場合もあります。

本記事では、エンジニアの英語の必要性と英語の学習方法を紹介します。

エンジニアに英語力は必須ではない

結論としては、エンジニアに英語力は必須ではありません

英語がほとんど出来ないエンジニアも存在しますし、これからエンジニアを目指す人は英語力がなくても就職・転職ができます

しかしながら、英語ができるエンジニアの方が市場価値が上がるのは事実です。

英語ができるエンジニアはキャリアの選択肢が増えるので、エンジニアとして上を目指し続けたいという方は英語力を身につけると良いでしょう。

英語ができるエンジニアはキャリアに有利

エンジニアが英語力を身につけると実際にどう有利なのか疑問に思いますよね。

英語ができるエンジニアが今後のキャリアで有利になる理由4つを詳しく解説していきます。

英語力が有利な4つの理由
  • 英文の技術仕様書など最新の技術情報が得られる
  • オフショア(海外)とのやり取りが可能
  • 外資系の企業に勤務できる可能性が高まる
  • 海外勤務も視野に入る

英文の技術仕様書を理解できる

英文の技術仕様書の1次情報を理解し、最新の技術情報が得られることから英語力はエンジニアにとって大きな武器になります。

英語ができるといっても、「英文が読める」「英文が書ける」「英会話ができる」「ビジネス英会話ができる」などさまざまなレベルや範囲があります。

 

まず英文が読めるようになると、海外の技術仕様書を読めるようになります。

特にIT関連のエンジニアは、ネットワークやソフトウェアといった通信技術やプログラムの仕様のほとんどが英文です。

そのため何らかの問題を直面した場合、日本語情報のみならず英語で記載された情報も参考に対処することができるので、問題解決能力が飛躍的に高まります

 

つまり英語ができると得られる情報量が増えるため、キャリアに有利になるのです。

オフショア(海外)とのやりとりが可能になる

英語ができるエンジニアはオフショア(海外)とのやりとりが可能になるで、マネージャークラスの職種を得られやすいです。

IT企業では、エンジニアの人口が多く人件費のコストが低いインドや中国、ベトナムの海外法人に業務を委託することがあります。

 

そんなときに、メールやネット通話で海外の技術者に指示や依頼をする必要があるため、英語ができるエンジニアはオフショア開発をしている企業にとって貴重な存在です。

オフショア開発に関わるポジションは海外に指示を出す管理職の立場になるので、英語ができるとキャリアアップしやすくなるのです。

外資系IT企業への勤務が容易になる

英語ができるエンジニアは外資系IT企業への勤務が容易になり、平均年収を上げることができます。

外資系IT企業の全体の平均年収は800万以上が相場で、一般的なサラリーマンの平均年収450万円と比べるとかなり差があります。

 

そんな外資系の企業では海外本社とのやり取りがほぼ英語になっており、英文の読み書きや英会話能力が求められます。

そのため、英語ができるエンジニアは外資系IT企業への転職も視野に入れることができます。

日本のみならず海外で働きやすくなる

当然ですが、英語ができれば海外勤務も視野に入ってきます。

日本よりも海外の方が平均的にエンジニアのレベルが高く給与も高いです。

英語ができるとキャリアプランの選択肢が増えて、なおかつ高所得が得られる可能性が高くなるのです。

プログラミングに英語は役立つ?

プログラミングを行うにあたってどちらかと言えば、英語ができる方が良いです。

英語を話せたり、書く能力はそこまで必要ではありませんが、英語を読んで理解できるスキルはプログラミングする際に大いに役立ちます。

なぜなら最新のプログラミングの技術は英語の情報しかなかったり、Googleでエラーの内容を調べると英語で書かれていることが多いからです。

 

実際にプログラマーやエンジニアは、英語が読めなくてすぐに理解できず困った経験が誰しもあるはずです。

プログラミングをする職業のエンジニアは、英語を読めるスキルだけは身につけておいて損はありません。

エンジニアに役立つ英語の学習方法

エンジニアには必ずしも英語力が必要なわけではありませんが、英語ができたほうが有利なのは確実です。

エンジニアに最低限必要な英語の文章を読むスキルをあげるための学習方法をご説明していきます。

英語の技術書を読む

エンジニアであれば英語の技術書を読むことが、いちばん仕事に役立つ英語の学習方法です。

具体的には同じ技術書を日本語と英語のバージョンどちらも読むと英語が理解しやすいでしょう。

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、自分の専門分野の知識がそのまま英文として出てくるので意外と読めるようになります。

たとえば、ネットでは無料でPythonチュートリアルの英語版と日本語版が見れるので、英語学習に役立ちます。

英語が目に触れる環境を作る

普段の日常生活で英文を読む機会を増やすのが、最も簡単な英語学習方法です。

たとえば、動画配信サイトで映画やアニメを見る際に英語字幕をつけたり、YouTubeを見るときも英語字幕をつけるのが最も簡単です。

日本語音声で見ながら英語字幕を表示すると、すぐに英文を理解することができるため英文に慣れることができます。

エンジニアは英語よりプログラミングスキルが重要

ここまでエンジニアに英語力があると様々な面で有利だと解説してきました。

しかし、前提としてプログラミングスキルがあってこそ有利になることを忘れてはいけません。

英語ができてもプログラミングスキルが高くなければ、エンジニアとしての価値には限界があります。

 

まずは需要のある言語を選んでプログラミングの技術向上させることが重要です。

プログラミング技術を効率よく身につけたいならプログラミングスクールがおすすめです。

【エンジニアが選ぶ】プログラミングスクールおすすめランキング【2019年最新版】

エンジニアと英語の関係性 まとめ

まとめると、プログラミングの技術があることが前提で、エンジニアには英語力があればあるほど様々なポジションを選ぶことができ、さらに給与も高くなります。

まずはプログラミングスクールでプロの技術力を身につけて、日常的に英文を読むことから始めてみることをおすすめします!

未経験からエンジニアになるために必要なたった3つの知識

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です