30代未経験でもプログラマーを目指すべき3つの理由【エンジニアが解説】

30代から未経験でプログラマー・エンジニアになるには遅いんじゃないかと思っていませんか?

結論として、30代完全未経験からでもプログラマー・エンジニアになるのは遅くありません。

 

人生において30代は稼ぎ時の年齢のため、仕事選びに慎重になる方も多いでしょう。

この記事では、30代でもプログラマーを目指すべき理由や、未経験から最短でプログラマーになる方法を現役エンジニアが詳しく解説していきます。

この記事で解決できる悩み
  • 30代の完全未経験でもプログラマー・エンジニアになれる?
  • 30代からのプログラミングは難しい?
  • IT業界でプログラマー以外におすすめなキャリアはある?
  • 今から最短でプログラマー・エンジニアを目指すにはどうしたらいい?

30代未経験から最短でプログラマーを目指すなら効率よく学べるプログラミングスクールがおすすめ。まずは無料体験から始めましょう!
30代でも受講可能なスクール
  • TechAcademy

    TechAcademyは年齢制限なし!30代,40代の受講者も多数!コスパも高くオンラインで多種多様な技術を身につけられます。

  • TECH::EXPERT

    TECH::EXPERTは最短でプロにエンジニアになれる転職成功率99%の驚異的な実績がある人気No1スクール。

  • 0円スクール

    0円スクールは全国6都市に教室がある完全無料で受講できるスクール。35歳まで受講可能です。

30代未経験でもプログラマーを目指すべき4つの理由

30代からでもプログラマーを目指すべき理由
      • IT業界は売り手市場
      • 30代の経験が活かせる
      • 最新技術が市場価値を高める

IT業界は売り手市場で30代にもチャンス

経済産業省の調査によると今後のAI(人工知能)ビックデータIoTの普及に対し、労働人口の減少が原因でIT人材が足りなくなるという調査結果が出ています。

IT 需要が今後拡大する一方で、我が国の労働人口(特に若年人口)は減少が 見込まれ、IT 人材の需要と供給の差(需給ギャップ)2は、需要が供給を上回り、2030年には、最大で約 79 万人に拡大する可能性があると試算されている。

引用元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf

IT人材の需要が高まっていくとエンジニアの求人数が増えます。

求人数が増えるということは、エンジニアが選べる企業の選択肢が広がるため、余裕を持って自分に合った会社を選べます。

 

また、もしも1社目の会社が自分に合わなくても、エンジニアの経験があれば容易に転職することができるのです。

30代のうちにプログラミングの技術を身につけておけば、今後仕事がなくなる不安や心配を解消できます。

マネジメント能力を生かせる

通常プログラマーがキャリアアップすると、SE(システムエンジニア)やPM(プロジェクトマネージャー)になります。

SEやPMはマネジメント能力が必須であり、プログラマーより平均年収が100万円以上高いのです。

 

30代は20代より社会人経験が豊富なため、20代よりマネジメント能力など基本能力が高い場合が多いです。

マネジメント能力が高い30代にプログラミングの技術があれば、SEやPMに昇級できる確率が高まり100万円以上の年収アップも夢ではありません。

ITエンジニアの種類とは?仕事内容・年収まで徹底解説

最新技術が市場価値を高める

エンジニアの技術を学ぶのに30代では遅いということはありません。

なぜならIT業界の技術はトレンドあり、需要が高い技術は数年と短い期間で変化することが多いためです。

 

たとえば、一昔前のプログラミング言語はJavaやC言語などが日本では人気でした。

しかし、現在ではAI開発を行うのに便利なPythonWebアプリを効率よく作れるRubyなどがトレンドであり求人数が増えていて年収が高い言語です。

 

そのため、ただエンジニア歴が長ければいい市場価値が高いというわけではありません。

30代からでも需要の高い言語を習得すれば、むしろ古い技術を習得しているエンジニアより市場価値が高まるのです。

これから稼げるプログラミング言語ランキングBEST10と将来性をエンジニアが解説

30代が最短でプログラマーになる方法

30代未経験で最短でプログラマー・エンジニアを目指すなら、間違い無くプログラミングスクール1択です。

 

30代未経験でプログラマーを目指すなら、仕事をしながらプログラミングを習得する必要があります。

仕事をしながら独学だとモチベーションを保ちにくいため、習得までに無駄な時間がかかったり挫折しやすくなります。

途中で挫折してしまっては、30代の貴重な時間を無駄にしてしまいますよね。

プログラミングスクールなら、効率よくプログラミングを習得できるカリキュラムや講師のサポートなど、だれでも技術を習得できる環境が整っています。

 

仕事をしながら完全無料で受けられるスクールもあるので、まずは無料で体験して自分に合うスクールを見つけましょう。

【転職率90%以上】完全無料プログラミングスクールおすすめランキング7社比較

30代未経験でもプログラミング学習は難しくない

30代からプログラミングを始めるのはハードルが高いと思う方も多いはず。

しかし、プログラミングを学びはじめるのに年齢は全く関係ありません。

 

今は一昔前よりも便利なプログラミング言語やツールが増え、だれでも簡単にプログラミングを習得できます。

プログラミングは基礎を習得すれば様々な言語で応用が効くので、新しい技術にも対応しやすくなります。

 

また、現在では子供向けのプログラミングスクールも増えており、2020年から小学校でのプログラミング必修化なども話題になっています。

つまり、30代など年齢に関係なくプログラミングを習得できる時代なのです。

 

40代では体力や吸収力が衰えて新しい技術を学ぶのは難しくなるので、30代が最後のチャンスと言えるでしょう。

30代未経験でプログラマーに就職・転職できる?

30代未経験からプログラマーを目指すのに最も心配なのが「就職できるかどうか」ですよね。

結論としてプログラマーなどのエンジニアは需要が高いので、学習するやる気があれば30代未経験でも就職できます。

 

ただし、若手の伸び代を考えると同じ未経験なら20代のほうが有利なのは事実です。

30代なら技術の学習意欲以外にも、マネジメント経験などをアピールすることで20代と差別化することができます。

実際に僕の周りのエンジニアには30代未経験からエンジニアになった人や元ニートの優秀なエンジニアもいます。

30代未経験からのキャリア選択は3種類

プログラミング技術を持ったプログラマー・エンジニアはキャリアの選択肢も多いです。

未経験からのキャリア選択
      • IT企業に就職・転職
      • フリーランスになる
      • プログラミングスクールの講師

IT企業に未経験から就職するには30代後半だとかなりハードルが高いと言えます。

そのため、30代後半なら自身で案件を受注してフリーランスになるか、またはマネジメント経験と生かしてプログラミングスクールの講師として働くかの、どちらかがおすすめです。

 

フリーランスなら個人で案件を受注できるサービスを利用します。

プログラミングスクールの講師を目指すなら、実際に就職したいスクールで受講してから面接を受けたほうがハードルが低くなるでしょう。

未経験からフリーランスエンジニアになる方法とメリット・デメリット

30代未経験からでもプログラマーを目指すべき理由まとめ

30代前半までなら未経験からプログラマー・エンジニアを目指すべきです。

30代後半であれば、IT企業の転職・就職以外の他の選択肢も考える必要があります。

どちらにしてもプログラミングはこれからの時代に必須なスキルのため、習得しておくと様々なメリットがあります。

 

エンジニアに向いていない人の5つの特徴!向いてなくても問題ない? エンジニア不足の本当の理由とは!人材不足はエンジニアにチャンス?
人気プログラミングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述